シックハウスバスターズ

アルミサッシ用第三種換気システム「シックハウスバスターズ」—次世代換気システムは窓から窓へ—
  • シックハウスバスターズとは?
  • シックハウスバスターズの機能
  • 換気の必要性
  • シックハウスバスターズの特長
  • シックハウスバスターズのメリット
  • 換気計算の依頼

換気の必要性

リフォームを含め、全ての新築住宅には、換気設備の設置が義務化されています
健康維持は新鮮な空気から

目にみえない空気だけに無頓着になりがちですが、人間の健康維持には一番注意を払わなければならないのが空気なのです。
入居後に体調不良になったり、なんとなくスッキリしない不快感はホルムアルデヒドやトルエン、キシレンなどの化学物質で汚れた空気が原因であることが多いのです。

人間が健康に暮らすために一日に必要な新鮮空気の量はなんと…水分は1日に2L~3L程度。食べ物は1日に1Kg~2Kg程度。空気は、1日に15,000L (12Kg〜15Kg、ペットボトル2Lが7500本分) 水分の約5,000倍!食べ物の約7倍! の量が必要です。

換気をしないと…

高温多湿の日本の気候風土では、高気密化した住宅で換気をしないと様々な問題が発生します。

酸素不足

炭酸ガス濃度が高くなり脳機能が低下する。

結露発生

湿度が高くなり腐朽菌やカビが発生して建物の耐久性が悪くなる。

ウィルス感染の危険

インフルエンザ等のウィルスが繁殖しやすい環境になる。

シックハウス症候群

有害な揮発性化学物質(ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン等)が室内にたまる。

異臭がこもる

様々な臭いがこもり異臭化する。

アレルギー体質の危険

埃やダニでアレルギー性の喘息やアトピーを引き起こす。

シックハウス対策 次世代第三種換気システム「シックハウスバスターズ」の8つの特長

カビ対策
  • サッシに取付ける給気ブレスは、窓の数だけ取付けることが出来ます。
  • 給気口を分散させて新鮮な外気を取り入れることが出来るので空気の澱みをなくし、湿気を排出します。
結露対策
  • 冬季の乾燥した外気を積極的にとりいれて暖めることにより室内の相対湿度を下げることができ、結露し難くなります。
ヒートショック対策
  • シックハウスバスターズは、暖かい居室の空気がトイレなどの非居室に流れますので、住宅全体の温度差を均一化します。
住宅の意匠性向上
  • 壁に凹凸がなくなり外観内観のデザインがスッキリします。
コールド・ドラフト対策
  • 給気ブレスは、床面から1.6m以上の位置に取付けますのでコールド・ドラフトの心配がありません。
防犯対策
  • 給気ブレスは、CPマークを取得。留守中でも安心してお使いいただけます。
確かな空気の流れ改善
  • いつも微量な空気が動くようにジョイントジョージファンと給気ブレスの組み合わせで室内を外気圧より負圧状態に保つ換気計画です。
住宅コスト・品質改善
  • 壁に穴をあけないので住宅品質が向上します。
  • 給気口の位置決めの煩わしさがなくなりエアコンや室内インテリアの自由度がアップします。